カンタン!hinemosを使ったawsの監視のススメ

パソコン16

クラウドサービスが流行してきています。中でもawsは、世界中の人に利用されるクラウドサービスです。しかし、クラウドサービスの規模が大きくなるほど、その運用は大変になります。そこで、awsの監視と相性が良い「hinemos」を利用するのはどうでしょうか?この記事では、hinemosを使ったawsの監視・運用の仕方について紹介します。

システム管理ツール探しの参考になれば幸いです。

aws運用をするにあたっての監視・管理サービスについて

awsとは?

awsとは「Amazon Web Service」のことで、Amazonが提供するクラウドサービス全般のことを指します。awsは、全てのクラウドサービスのシェアのうち3割の人に利用されているクラウドサービスです。

100以上のクラウドサービスを提供しているため、awsはあらゆるニーズに応えることができます。また、セキュリティもとても強固であるため、重要なデータなども安心して保管することが可能です。awsは、あらゆるクラウドの需要に対応しつつ、強力なセキュリティの元に利用できるクラウドサービスとなっています。

hinemosとは?

hinemosとは、システムの監視や分析を行うことのできる監視・運用ソフトウェアのことです。基本機能は無料で使うことができます。しかし、hinemosにできるのはそれだけではありません。監視・収集したデータを元にシステムを分析することで、未来のシステム状態を予測して運用することができます。

他にも、効率化によるコスト削減やシステムの安定稼働、IoT技術とかけあわせて新たな価値を生み出すことも可能です。また、hinemosは、システムのあらゆる環境に対応して運用管理することができます。物理環境やクラウド環境はもちろん、両方が混在している環境にも対応可能です。

これら一連の管理操作を、単一の操作画面のみで行える簡便さもhinemosの特徴となっています。

hinemosの具体的な機能

パソコン19

hinemosの機能には主に、「収集・蓄積」「監視・性能」「自動化」の3つの機能があります。収集とは、hinemosで監視しているシステム内のあらゆる情報を集めることです。サーバーや端末、OS、アクセスしているネット回線など、多くの種類の情報を収集しています。

蓄積とは、収集した情報をためて管理することです。蓄積したデータは、分析に使用され、より良い運用管理に貢献しています。監視とは、システムの状況をリアルタイムで確認し、異常がないかチェックすることです。hinemosの監視では、細かい異常も察知できるように、一度に様々な種類の監視を行っています。

性能とは、システムの監視によって収集したデータを目で見えるように整えたり、グラフ化して分析を行うことです。監視して集めたデータを収集して分析する作業を繰り返すことで、hinemosはより効率の良い運用管理を行うシステムになっていきます。

hinemosの自動化には、「構築自動化」「業務自動化」「運用自動化」の3種類があります。構築自動化とは、環境の構築に関する一連の動作をテンプレート化することで、複数の環境にひとまとめで実行できる機能です。

業務自動化はジョブ管理ともいわれ、システムの運用に必要な一連の処理を、一つの操作画面で管理・実行することができます。運用自動化とは、分析したデータをもとに、あらゆる運用プロセスを自動化する機能のことです。

これらの自動化機能を使えば、運用管理の手間を省き、効率的にシステムを運用することができます。

hinemosはawsの監視ツールに最適!

hinemosのオプションには、「hinemosクラウド管理オプション for aws」というものがあります。

このオプションは、awsを利用したシステムの運用管理をするための機能をhinemosにつけることが可能です。

このクラウド管理オプションを付けるだけで「EC2」「VPC」「AutoScaling」「IAM」「EBS」「ELB」「Snapshot」「SecurityGroup」「CloudWatch」といったawsサービスの監視を行えるようになります。

このオプションを付けたhinemosでawsを運用管理すれば、物理サーバーの運用イメージでawsを運用することが可能なため、操作感の違いで戸惑うこともありません。

hinemosでawsの何を監視できるようになる?

「クラウド管理オプション for aws」には無料の「standard版」と、有料の「enterprise版」があります。standard版のオプションを付けることで得られる主な機能は、「EC2インスタンスの自動検知機能」と「課金情報の監視機能」です。

EC2インスタンスとは、awsを利用する際に、最初に作る必要がある仮想サーバーサービスのことです。オプションを付けることで、監視しているaws内のEC2インスタンスを自動で検知してくれるようになります。

そして、検知したEC2インスタンスを自動で監視を行ってくれるようになります。課金情報の監視機能とは、hinemosで監視しているaws内の課金情報を監視する機能のことです。

この機能に加え、一定以上の課金額になったらアラートが鳴るよう設定することもできます。awsのサービスであるCloudWatchと組み合わせれば、各サービスごとに分けて利用料金を見ることも可能です。そして、enterprise版のオプションを付けることで、standard版の機能に加え、「クラウド監視機能」と「クラウドリソース監視機能」を付けることができます。

クラウド監視機能とは、awsのインフラが正常に稼働しているかどうかを監視する機能になります。

つまり、standard版ではaws内のサービスまでが監視対象だったのに対し、enterprise版では外部から、awsに適切なサービス提供が行われているかを監視しています。クラウド監視機能は、awsの「ServiceHealthDashboard」から情報を取得し、それをhinemosで監視することで行われています。

外部のインフラ状況を把握することで、awsを使った適切なサービス提供のための判断材料として使うことができるのです。クラウドリソース監視機能とは、awsのEC2インスタンスリソース値を監視する機能です。この機能の利用には、awsのCloudWatchを利用する必要があります。

この機能を使うことで、EC2インスタンスのCPU使用率がわかるようになります。他にも、awsのサービスごとに様々なリソース値の監視が可能です。awsのサービスごとにリソース値を監視できることで、どのサービスにどれだけ負荷がかかっているかを素早く発見し、より効率的なaws運用に繋げられます。

このように、hinemosに専用のオプションを付けることで、awsに関する様々な情報を監視・運用することができるようになります。

hinemosには様々な使い道がある!

パソコン22

hinemosは、awsの監視を効率よく行えます。しかし、hinemosの使い道はそれだけではありません。今回紹介したこと以外にも、hinemosには多くの拡張機能があります。そのため、大規模のシステムの監視から、細かいシステムの運用まで、さまざまな需要に対応することが可能です。皆さんも、システムの監視ツールにhinemosを利用してみてはいかがでしょうか?